by chihiro_1984_20xx

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ライフログ


決定版 ほんとうにわかる管理会計&戦略会計

カテゴリ

全体
映像(映画、TV番組)
芸術(舞台・絵画など)
読書
音楽
旅(散歩含む)
詩・言葉
バトン
真面目なこと(勉強、刑事関連)
真面目なこと(その他)
悟ったこと(気持ち・覚悟)
今日のできごと
就職活動
ごはん
ウエディング
写真と徒然

以前の記事

2010年 01月
2009年 06月
2009年 05月
more...

ブログパーツ

コンテンツ&リンク

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2003年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

たとえばもし、

たとえばもし、

明日死ぬとなったら、あなたは何を望みますか?


私はいつも通りだと思います。
今は何も『これ以上』と望むものはないし。
望んだところで手に入らないものばかり望んでいるので。


最近漸く、『自業自得』という言葉を学び始めています。
勉強とか色々なところで。
そうやってもどうやっても、また同じ間違いを私は犯してしまう。

若いから、まだまだ踠いていたいのかもしれません。
何度も何度も間違って、そのたび苦しんで、また喜んで
そうやって人は惑わないようになると思います。

でも、こう思う反面、私は過去を忘れていきたい。
本気で記憶喪失になったらいいのにって思う。
忘れていい思い出なんて何一つないかもしれない。
それでも、思い出す度に疼く思い出は消してしまいたい。
耐えられないんです、まだ。色々な過去を受け入れることが。
もう10年も経ったのに。


今日は映画は見れませんでした。
でも、学校行って楽器吹きました。
明日は死んでるから日記かけるかなぁ・・・?
今日は今から晩御飯のお手伝いして、暇があったら何か他にも書きます。
(意地で長くする気だわ)
[PR]
by chihiro_1984_20xx | 2003-06-28 21:26 | 悟ったこと(気持ち・覚悟)

人生の道、自分の足元は何か

今日帰っている途中、天神のマツヤレディースの前の横断歩道で
不思議な感覚に襲われました。
生ぬるーいじめじめした気候がそうさせたのだろうとは思うのですが、
自分が今その場に立っている感覚がなくなって、
妙に覚醒した自分を感じました。
周りの人々が妙に浮き上がって、自分と全く関係ないようには思えなかった。

で、そういう感覚に襲われているときに思ったのが、
『この人たちにはこの人たちの人生がある。
あの原付で帰っているお兄さんも、ブランドバッグ下げているお姉さんにも
いままでのいろいろな人生がある。
そして自分はそんな人生のうちのひとつを歩いているに過ぎない』

そんな風にありきたりなことを実感として感じてしまいました。

実際そうなんですよね。
でも、その中のひとつの他愛のない人生だからこそ、何でもできるんだと思いました。


私が望めばなんだってできる。どこにだっていける。


その時ふっと感じました。
このことは私にとっていい実感でした。

今まで周りやモラルや、自分自身にすら囚われていたけれど、
そんな小さなことを気にする必要なんてないんです。

行こうと思ったら、逃げようと思ったら
どこにでも場所は用意されているんだから、
自分のために、自分が一番と思える選択を
私もまだまだ取って行こう。そう思いました。
[PR]
by chihiro_1984_20xx | 2003-06-27 21:25 | 旅(散歩含む)

フジテレビ『顔』最終回

今日『顔』最終回でしたね。
でも、最初三十分、『学校へ行こう』スペシャルのせいで見れませんでした。
九時になったのを気づいていなかった・・・(死)
オダギリジョーはかっこいいということで。
音楽がいいってことで。
もう、文句なしです。CD買おう。

そういえば、それではっとさせられたこと。
その中で、カウンセラーの人が出てくるんですが、

『(カウンセリングは)共同作業だからね。

一人じゃできないってこと』

っていう台詞(うろ覚え)があったんです。

人は一人では生きていけなくて、こうしてカウンセリングを受けたりして
元気になっていく患者さんたちがいて、
そういう人たちは周りに多くの人々や環境がある。

カウンセリングをする側はその中のひとつにしか過ぎない。
でも、そのカウンセリングする人もひとつの個体。
その人だって一人では生きていけない。
昨日書いたけど、その人だって寂しさ抱えて生きている。

でも、カウンセラーは『自分が一人じゃない』ってことを
患者さんが治っていくのを通して知るんじゃないかなぁと思いました。

なんだかうまくいえないけれど、私はそんなひとになりたいなぁって思ったから、
ちょっと書いてみた。

で、今日は風邪引いて一回休みだから日記もこれでおしまい。

今日は人に会わなかったから寂しくなかった。ほっ
[PR]
by chihiro_1984_20xx | 2003-06-24 21:24 | 映像(映画、TV番組)

寂しさと恋愛の因果関係と、命

人間って寂しさをどっかに持っているんだなぁって
そう思った。
そして、寂しいから誰かを求めるんだなぁって。
寂しいからそれを埋めようとするんだなぁって。

恋愛ってなんなんだろう?

そう考えると、恋愛なんて死ぬまでの暇つぶしのひとつになってしまう。
そんな風に考えたくなくて必死に別のアプローチを探すけど、
これを覆す考えにいたらない。


本気の恋愛は、今の私には信じられない。


素直であろうとすると、周りの人々を困らせ、混乱させる。
かといって素直でないことなんてできない。
自分はいつでも自分のためにしか選択をしない。


弱いです。


恋愛は私にとってなぜ必要なのかわからない。


でも、必要。

アンニュイ話。ここからはグレーで。

福岡で一家四人殺害事件が起きましたね。

殺された長女のひなちゃんは私がバイトに行っている先に良く通ってくる学校の生徒と同じ学校です。
もちろん、中には彼女を知っている子がいます。
彼女の友達もいると思います。

八歳という短い命。

そして悲痛な最期。

私の悲しみより、さらに大きな悲しみと苦しみを
彼女らは背負うことになるかもしれない。
弟の海君の同級生も同様です。

そして連日にわたる報道。
報道を否定するわけではありません。
しかし、あれを見ることによって彼女らの友達は何を感じるでしょう?
死んでいく様をまざまざと想像させてしまうことにはならないでしょうか?

報道によって一つ一つ明らかになっていっていることは事実。
その一方、彼女らの心の傷が心配です。

被害者の方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。
[PR]
by chihiro_1984_20xx | 2003-06-23 21:21 | 真面目なこと(勉強、刑事関連)

倦怠期と幸せ

倦怠期と幸せについて。

今何もかもにやる気がおきないわれわれは一体どうしてしまったのか!??

突き止めてみようということで
やる気なくだらだら話していました。
何が原因かわからないままだったのですが、発見したことはいくつかありました。


恋愛観とか、幸せについてとか。なんだか新しい側面から捉えることができた気がします。

皆さんにとって幸せってなんですか?

小さいころ読んでもらった昔話のお話には必ず
幸せに暮らしましたとさ。めでたしめでたし。
で締められますよね。
でも、肝心の幸せについては誰も教えてくれない。

大体幸せって何よ?

そう思わずにはいられませんでした。
とらえどころもなく、表情として出てくるものでもなく。
雰囲気からしか捉えられないもの。
かのサン・テグジュペリは星の王子様で王子様に

「大切なものは目には見えないんだよ」

と言わせていますが、私達人間は形がないと不安でしょうがない生き物です。
形や、体に触れるもの、聞くものに影響されるのが人間なんです。
それなのに、何が幸せなんだろう。
そう思ってしまいました。

そうして考えた結果。

・・・答えは見出せなかった。

人間は貪欲だから、
一回手にした幸せより二回目以降はさらにもっと上の幸せを望んでしまう。
それなのに、後になって『あのころは良かった』なんて過去を思い出して
今を不幸がる。


曖昧なものですね。どうしたら見つけられるんだろう。幸せの定義。


そして今、とてつもない倦怠感が私を(と友人P)襲っています。
やる気なし子さんです。
大学二年は中弛みし易い年なのでしょうか。
新しいことを始めたり、新しい自分に生まれ変わりたいと言う欲求が頭をもたげています。
かく言う私も
髪をばっさり切りた~~い!ストパーかけた~~い!!
と言う衝動を抑えるのにいっぱいいっぱいです。

今のままでいいのか?このまま三年、四年になっていいのか?
そんな内なる焦りが出てきているのかもしれません。うーん、難しいねぇ。

その関係上恋愛論へも話は飛躍し、どんな恋愛を望んでいるのか?
と言うところまで話は及びました。

恋愛に数多くの形はあれど、やはり私は刺激だけは受け続けていたいし、与え続けていたい。
お互いがお互いの記憶に強烈に残る相手でいたい。
そう考えています。
そのために私は飽きられない私でいたい。
飽きられないってことは常にいろいろな面の私を相手に見せなくてはならないし、
いろいろな面をその前に私が持っていなくてはならない。
色々な引き出しを自分の中に創らなくてはならない。
そのために私はいろいろなことがしたい。

ドミノ式理論のような危うさがここには隠れてはおりますが、
(去年の『論理学』が役に立った!?)
これが私自身の存在意義なのかもしれません。
[PR]
by chihiro_1984_20xx | 2003-06-21 21:20 | 悟ったこと(気持ち・覚悟)

音楽と心理学

今日は五時間目の心理測定法入門を受けて、
九大フィルの演奏会に行ってきました。

フィルの生の演奏とか、そう聞けるもんじゃなし。
始まった瞬間からどきどきしました。うわー、こんなに素敵なものだったなんて!?と。

さすがはアクロス、残響二秒は伊達じゃありません。
弦の音が融けあっていてうっとりしました。

そんな中考えたのはフィルと吹奏とJAZZの違い。
どれも素敵ですね。どれにも出てくる楽器っていうものもあります。
でも、どれも音楽なのに、ジャンルがぜんぜん違う。
理論や、その発生の段階が違うからというのがその理由でしょう。

そしてそれぞれに存在意義があるはず。じゃあ、どんな風にそれぞれ違うんだろう。

そんなことを考えながら聞いていました。

で、どう思ったかというと、



フィルは水。(川)

吹奏は土。

JAZZは火。



だなぁ・・・と。
本当に直感的にそう思っただけなのですが、なんだか当てはまらなくもないでしょ?


水みたいに、流れるように
そしてつかず離れず、時には激流になったり時にはせせらぎになったりする音楽が
クラシック(フィルの)なのではないか。


土みたいに、人間にとって親しみやすく、
また、その姿をいかようにも変えれる(粘土になったり硬くなったり、さらさらになったり)音楽が
吹奏楽なのではないか。


火のように人を惹きつけてやまなくて、
そして人の感情を熱くさせる感情に訴える音楽がJAZZなのではないか。


そんな風に感じられたのです。
いささか詩的すぎですが。向いてないなぁ。ぐはぁ。

なにはともあれ、フィルの演奏会はいろいろなことを得られたので行って良かったと思います。
『山の魔王の宮殿から』も聞けてよかった。そして綺麗だった。満足です。

今はおうちに帰って、ご飯を食べてまったりしています。
今日は今から今日あったことのあれこれなんかをかんがえてみようと思います。
[PR]
by chihiro_1984_20xx | 2003-06-20 21:19 | 音楽

恋愛観

私の場合、好きになった人が私のタイプなわけで。

で、どんな恋愛がしたいかなあ、と考えたときに
『話していて楽しい』ってことはかなりポイント高いなあと思いました。
相手がニコニコして話をしてくれる、話を聞いてくれるって言うのはかなり嬉しい。
で、そんな風に一緒にニコニコして、しゃべれたらいいなあと思う。

そのためにはお互いがお互いを受け入れあって、
リラックスしていなきゃできないわけで。
緊張しない関係が好きです。でも、惰性は刺激がないから嫌だけど。


人間誰しもいろいろな面を持っていると思います。
で、友達とかにはその中の一面しか見せなくて、
なかなか全面を見せる友人って言うのはいないですよね。

でも、私は恋人になる人にはすべての面を見せたい。
もちろんその中には矛盾がうまれるものもあると思う。
でも、そんな矛盾もひっくるめて認めてもらえるような相手がいいなぁ。
(いるのか???)


そういえば、まさに私の言いたいことを代弁してくれている台詞があるので
またまた紹介してみます。
昔のHPではコラムに載せていたやつです。


『思想のない男は嫌い。
でも、思想を押し付けてくる男はもっと嫌い。
歯槽膿漏の男も嫌い。
息の臭い男とじゃ、キスも出来ないしね。

危険な男は好き。
でも、危険過ぎるのもちょっと考え物。

弱気な男は嫌い。
自分の弱さを解ってる男は好き。

楽観的な男が好き。
人生をあらかじめ予想して、悲観的に生きるなんて気が知れないわ。

人生は多分、
どう転んだって、なるようになるのよ。』


まさに!!!
男性に思想は必要です
危険さも。
そして一番重要なのは『自分の弱さをわかっている』ということです。
わかっているからって悲観的なのも嫌ですけど。
でも、己の弱さを知っている人と話すと安心できます。
私一人じゃないんだって。そして、そういう人たちはとても優しいです。


あと、私を一人の女としてちゃんと見てほしい。
で、私という人間をちゃんと買いかぶったりせずに、
色んな欠点もあるちぐはぐな人間って思ってくれる人がいいな。


こうして書いてみて読んでみて、別にタイプはないけれど、
要求はたくさんあるわけですね・・・
わがままCHIHIROですな。


あ!タイプもあった!!(ああ、理想高いのか?これは??)
背の高い人、私にとって目が綺麗な人が好き。

背が高いのがいいのはしゃべるとき上を向きたいから。
なんだか見下ろされているのは安心する。

目が綺麗っているのは、本当に私の主観的な判断でしかないんです。
だからどうとは言いがたい・・・生理的なものなんだと思う。
[PR]
by chihiro_1984_20xx | 2003-06-18 21:18 | 悟ったこと(気持ち・覚悟)

幸せ?

さてさて。
なんだか今では懐かしいこの台詞。
皆さん幸せですか?


第一幸せって何さ!?と思う今日この頃。
幸せはどこにでも転がっているものです。
たとえば今日、私はこのサイトで77を踏んづけちゃいました。自爆です。
新たな出会いも多々あります。ああ、幸せ。
小さな幸せ。


なんか文章が荒っぽいのはお許しください・・・。かなり自嘲気味です。


今週末は合演の事前練だから忙しいからこんな事言っている場合じゃないんだけども。


さてさて、あと七分で『顔』が始まります。何気にはまっているので今から見ます。
終わったら自分も落ち着いていることでしょう。(逆に鬱かも)
日記の続きを書きます。ではまたあとで。

*******************************************************************************


鬱か落ち着いてるかどっちかかと思ったら、
逆に躁になっちゃいました★あはは~~~。
見ましたよ、『顔』!!

何が私を興奮させたかというと、一番最後に出た視聴者プレゼント。

『顔』のサウンドトラックプレゼント!???

ああ、欲しい・・・何が何でも欲しい。
あの一番最初のテーマが好きです。あの重々しいピアノの和音がかなり響いてきます。
思わず自分で着メロ作ったくらい。でも、和音に自信がなくて単音・・・
18日にこの音楽がフジテレビサイトで着メロとなって登場!!らしいので
一番にとりに行きます。そんなくらい好き。

音楽担当の佐藤直紀さんありがとうございます!!!いい音楽作ってくれて。
あ~、大興奮。


ストーリーのほうは相変わらず重かったです。
一番最初からずーんときてました。

人の心に関するもの、家族に関するもの、何でか興味があります。
昔していた『心療内科医 涼子』は、ちょうど私が思春期真っ盛りで
たった一人でテレビのある部屋にこもって見ていた覚えがあります。


どうしてこんなにも人の心って脆くて、儚いんだろう。


こういう話を見るたび、読むたび、思う。


そんなにも儚い心の持ち主のはずなのに、
他人を心から信じることができる人がうらやましい。
そして、信じていたことを裏切られたときに狂える、そのまっすぐな気持ちが
羨ましい。


高村光太郎の妻、智恵子。
私の憧れです。

もちろん夫も。
彼は智恵子がなくなったときにこう友人に言ったそうです。
『智恵子がいなくなって、僕は僕の芸術を誰に一番に見せたらいいの?
僕の芸術を理解してくれる相手を失ったら、どうしたらいいの?』と。
彼らは互いに互いを求めていた。
そして智恵子は彼の芸術的な才能をうらやみ、
己の非力さと現実生活に対して素直で真面目であるがために
その精神を病ませてしまったのではないかと思います。
光太郎は智恵子のことを心から必要としていた。
これは智恵子もきっとそうであったと思う。
彼らは誰よりも純粋で、誰よりもお互いに大してまっすぐな夫婦だったのではないか。
私はそう思えてならないのです。
だから、彼らは、特に智恵子は、私の憧れ。




人間の心なんか儚い。
[PR]
by chihiro_1984_20xx | 2003-06-17 21:17 | 悟ったこと(気持ち・覚悟)

父の日

今日は父の日でしたね。

皆さんは何かしましたか?

私は晩御飯を作りました。キムチ鍋。

この暑いさなかにキムチ鍋。まあ、おいしかったからいいや。

チャンネル権を珍しく父のものにしてあげました。
阪神VS巨人です。我が家はおじいちゃんの代から阪神の応援しています。
でも、大阪人ではありません。愛媛人です、念のため。

で、久しぶりに真面目に野球の試合を見ました。
ずーっと0点同士で、延長して、最後阪神が勝ったので、
父親と私は手をたたいて喜んでいました。わぁい。


こんな、父の日。

でも、私は父親が嫌いです。娘はそう思うものなのかしら?
父方の祖父はとても厳しい人で、頑固で、わがままな人です。
で、父親もそんな面を持っていて、(もちろん私も持っているけど)
特に長女の私にはそれはそれは厳しく躾を施したのでした。

父親にわがままはいえなかったし、甘えた記憶もありません。
反抗なんてもっての外です。
父親は怒鳴ればいいと思っているのかなんなのか、キレたら怒鳴るんです。
それが怖くて怖くて。
男性が怒鳴るとびくっとなってしまいます。トラウマです。

そんな父親ですから、高校時代にちょっと私が精神状態がおかしくなった時、
それを見抜けず、ただただ私の怠惰を怒鳴り散らす毎日でした。
で、親が私の不調に気づいたときにはもう私は父親というものを見限ってしまっていました。


父親の存在意義は何なのでしょう?
親の存在意義って何なのでしょう?
今の私は確実に両親がいなかったらありえないかもしれない。
でも、親について思うとき、
嬉しかった思い出、忘れたくない思い出って言うのがあまり浮かんでこない。

それはとても悲しいことです。

家族そろってご飯が食べれる。
テレビを皆で見て大笑いできる。
あるがままの、日常。

もしかしたらこれが一番幸せなことなのかもしれないけれど。
[PR]
by chihiro_1984_20xx | 2003-06-15 21:16 | 悟ったこと(気持ち・覚悟)

出会いについて

私はなんだかんだいって運がいいです。

中学受験もD、E判定だった学校に受かったし、大学も然り。
その分中に入って周りとの差を感じます。
皆はすっごく努力して学校側から望んで呼ばれたわけだよなぁ…と。
できる子達に囲まれている私は幸せだけれど
周りには申し訳ないなあと思うことがよくあります。


でも、悲観ばかりじゃなくて私は神様にここに行けって言われて導かれたんだって
なんとなく思って嬉しくなったりもします。
この学校に行ったから今の自分があるんだって。

神様とか書くとなんだか怪しいかもしれないけど、
私は漠然と神様の存在を信じているのでご了承ください。
洗礼受けようと一時期本気で考えていました。
今も機会があったら教会通いたいぐらいです。

で、出会い話。
恵まれた環境に自分をおくことができて私は幸せです。
たくさんの良い出会いがありました。きっとこれからもあることだと思いますが。

出会い。

私が一番大事にしているものです。
過去に友人を亡くして以来、一つ一つの出会いには何か意味があるんだって思うようになりました。

サークルでの出会い、友人との出会い数多くの出会いがあって、
それがとても嬉しく楽しい思い出となっています。
色々な価値観に触れて、たくさん刺激を受けて、自分に栄養が与えられるような気分がします。
いろいろな人から話を聞くと、自分の可能性がひろがる気持ちがします。
それが自分にとって一番心地いいことです。

中学、高校、かけがえのないたくさんの出会いがありました。
先生、友人、数え切れないくらいです。
自分を深めていけるような出会いばかりです。
今でこそコンスタントに連絡は取り合っていないけれど
今でも会えば毎日会った友人のように話が弾みます。

大学でも、もう二年たったけれど高校以上にたくさんの出会いがありました。
先輩、友人、後輩、他大学の友人達・・・
自分の世界が広がりました。
この学校に行っていなかったら出会えなかった。
本当に今までの運命に感謝しないといけませんね。

苦しいこともあったけど、今もあるけど、後悔はしていません。


親友が亡くなってからもう10年たつわけですねえ。早いなあ。
あの日のことは忘れられません。
彼女の声は今も耳に焼き付いています。
彼女のまなざしは今も記憶に残って離れません。
彼女は九歳で逝ってしまったけど、人間として今も尊敬できる子です。
彼女は心の中で私とともに成長し続けています。
出会いが痛みをもたらすものだってあのときに学んだんだなぁ。

私が死んで、彼女にあったらまた昔のようにおしゃべりしたり遊んだりしたいなぁ!!
会ったときたくさん話ができるように、今たくさんの出会いをしているわけですね。
今、思った。
[PR]
by chihiro_1984_20xx | 2003-06-14 20:50 | 悟ったこと(気持ち・覚悟)