人気ブログランキング |



by chihiro_1984_20xx

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ライフログ


決定版 ほんとうにわかる管理会計&戦略会計

カテゴリ

全体
映像(映画、TV番組)
芸術(舞台・絵画など)
読書
音楽
旅(散歩含む)
詩・言葉
バトン
真面目なこと(勉強、刑事関連)
真面目なこと(その他)
悟ったこと(気持ち・覚悟)
今日のできごと
就職活動
ごはん
ウエディング
写真と徒然

以前の記事

2010年 01月
2009年 06月
2009年 05月
more...

ブログパーツ

コンテンツ&リンク

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

2006年 02月 10日 ( 2 )

シークレットバトン

バトンは好きです。でも、シークレットバトンはあまり好きじゃない。
なぜなら、質問の見えない回答を人様に読んでいただくことに
私が全く意味が見出せないからです。

でも、mixiリナちゃんのシークレットバトンの答えが余りに良すぎたので、
思わず食指が動いてしまいました。
今回ばかりは読者の皆様を無視した回答をしたいと思います。

りなちゃんからのコメントは
いかにエロく回答できるか・・・!!
やってみてください!(*≧ω≦*)

だったので、そのご要望に応えることができるように
がんばって答えてみようと思います。

よって以下18歳未満閲覧禁止(笑)
by chihiro_1984_20xx | 2006-02-10 16:54 | バトン

選択バトンなのかな?

最近バトンばっかりでごめんなさい。
書かなきゃいけないとは思うのだけれど、
どうしても気が乗らないのです。
書けども書けども、自分の気に入らない軽薄な言葉の羅列ばかりになってしまって。
もう少ししたら、気分も上向きになってくれるのではないかと思います。

さて、
なかなか会うことはないけれどおそらく一生付き合いを続けることができるはずの
ぱんぴちゃんからバトンが回ってきたのでお答えします。
彼女の文章は秀逸なので、是非ともご一読ください。

あと、余談ですが、リンクも2件更新しています。
ゼミの後輩のヨースケ君と、腐れ縁(笑)のnistero氏
二人ともそれぞれにパーソナリティが出ていて、非常に楽しめます。
こちらも併せておすすめです。

バトンに参りましょう!

【大学生活】or【恋愛】で・m・むふ
〔追記:予備で【音楽】も!〕


と、いうことだったので、【音楽】で参ります。
大学生活はまとめきれなさそうだし、恋愛は、皆さんもう聞き飽きたと思うので。


1:パソもしくは本棚に入ってる『音楽』

パソコンに音楽が入れれることはなんとなく知っていたのだけれども、
音質がわるそうだとか、データーが飛んだら終わりだとか、
マイナスイメージばかりが先行してあまり熱心には使ってませんでした。
でも、iPod購入後はすっかりパソコン派になっちゃいました。
(気に入ったやつはMDにも保存しますが)

現在は1333項目、5.65GB入っているようです。
Podcastなどで英語とかの番組を落としてきているので、
大体音楽としては1320曲ぐらい入っていると思います。

…でも、MDにいれてあるものとかも移したいんだよなぁ。
もっと早くパソコン保存派になっておけばよかったと、後悔することしきり。

本棚には、吹奏の楽譜(高校、大学)と、
思いついたときにしか開かない音楽中辞典があります。

オーディオ関係は、その専用の棚にて収納。
本棚の隣に、一年強吹いていないSAXが置かれています。
調整に出さないといけないなぁ・・・。(オーバーホールの予感)


2:今妄想してる『音楽』

さすがに音楽を妄想はできないので、今聞いている音楽を。
dorlis「肌のすきま」

swingin' street 2
dorlis 天野清継 / ビクターエンタテインメント
スコア選択:


切なくてレトロなメロディーと、可愛らしくいじらしい歌詞、
絡みつく官能的な声のボーカルが非常に好きです。

今日、彼らの良さを再認識いたしました。

そういえば、音楽を聴きながら「妄想」することはありますね。
その曲の歌詞のシチュエーションを妄想してしまいます。
登場人物が感じるであろう、心持ちを私も疑似体験するのが結構好きです。
(寂しいとか言うなー!)


3:最初に出会った『音楽』

一番最初は母親のお腹の中の時だと思います。
母親が私を妊娠中は毎日クラシックを聞いていたと言っていたので。
どこまで本当かはわかりませんが、胎教がまだ全盛のころではない時に
こんな心がけをしてくれていたということは非常にうれしいなぁと思います。

物心つく前は、ヤマハ音楽教室。
おぼろげながら、和音を覚えたりしていたのを覚えています。
このお陰で、相対音感が付いたのだと思います。
絶対音感ほどは、あまり音を聞き分けられないんですけどね。

邦楽は中学校。
GLAYにはまったのがきっかけでした。
ラジオの録音カセットが今も家に山ほどあります。
思えば狂信的でした。

吹奏楽は高校から。

JAZZは大学1年から、洋楽は大学4年から。


4:特別な思い入れのある『音楽』

今まで出会ってきた音楽、
このカテゴリーの音楽、
とにかく全ての音楽当てはまると思います。

書き出すときりがないくらい、それぞれの音楽にそれぞれの思い入れがあります。

ふと今、思い出したものとしては、

「エリーゼのために」を幼稚園時代に母にせがんで弾いてもらったこと。

宇多田ヒカルの「光」はそんなに好きなわけではないのに、
いつも私が必要としているタイミングで聞くことが多いということ。

「エアジン」が本に出てきたからと、興味本位で指名買いしたCD

Quintessence, Vol. 2
Stan Getz & Chet Baker / Concord Jazz
ISBN : B00003ZA5Y
スコア選択:



何度聞いたことか。
何故かはわからないのだけれどこのCDだけは、一生色あせない。

ほかは・・・。
会ったときにでも聞いてみてください。
「この曲に何か思い入れある?」って。


5:アナタにとっての『音楽』とは

いつでもどこでも、私自身を手放すのを手助けしてくれるもの。

絵画はそれがある「場所」まで行かなくてはならない。音楽はポータブル。
また、音楽は本や舞台と違って目の前で他者の人生が繰り広げられているわけでもない。
常に、「私」の存在が意識される。

首に縄をつけて、好きなところまで行っておいで~と言われているような
そんな囲いの中の自由がとても私には良いバランス調整役になっています。
普段、何もすることがなくても常に何かを考えるという傾向があるので。

あとは、このエントリー参考。


以上です。

このバトンは、

よーこさん【くるりか吹奏楽】で。
まりんば【就職活動か吹奏楽】で。
たろーさん【エロかジャズ】で。
ユウさん【写真か旅行】で。

気づいた方、よろしかったらお願いいたします☆
by chihiro_1984_20xx | 2006-02-10 01:03 | バトン