人気ブログランキング |



by chihiro_1984_20xx

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ライフログ


決定版 ほんとうにわかる管理会計&戦略会計

カテゴリ

全体
映像(映画、TV番組)
芸術(舞台・絵画など)
読書
音楽
旅(散歩含む)
詩・言葉
バトン
真面目なこと(勉強、刑事関連)
真面目なこと(その他)
悟ったこと(気持ち・覚悟)
今日のできごと
就職活動
ごはん
ウエディング
写真と徒然

以前の記事

2010年 01月
2009年 06月
2009年 05月
more...

ブログパーツ

コンテンツ&リンク

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

2005年 09月 19日 ( 1 )

天満敦子ヴァイオリンリサイタル@福銀本店ホール

天神のど真ん中。昔の岩田屋の向かいの福銀にコンサートホールがあるのを、
皆さんはご存知でしょうか?

16日は初めてそんな都会の中にある福銀のホールに行ってきました。
ながーくて、段の多い階段をひたーすら下っていくと、
穴倉のようなホールが私を待ち受けていました。
まぁ、都会の真ん中にコンサートホールを作ったという福銀には評価をしないとですね、はい。
でも、ぶっちゃけ今日の客層にはきつそうでした。(本日の客層、5,60代夫婦)
でも壁は木でした。反響板も動かしたりする必要ないからカーブを描いた綺麗なデザイン。
ヴァイオリンが木の響きだから、
併せてしっとりとした響きをホールが創っていたのではないかと思います。
天満さんも、このホールはとてもしっとりしたホールだって仰っていました。

天満敦子さん
ヴァイオリニストです。今回はソロでのコンサート。


本日のクレジットはこちら。

1、無伴奏パルティータ 第1番 ロ短調 BWV1002  バッハ
2、ねむの木の子守歌  山本正美
3、中国地方の子守歌  岡山県民謡
4、この道・城ヶ島の雨  竹内邦光・編曲
5、古謡   竹内邦光
6、北の宿から  小林亜星

7、無伴奏ソナタより  シャコンヌ  バルトーク
8、無伴奏パルティータ 第2番 BWV1004  シャコンヌ付 バッハ
9、望郷のバラード   ポルムベスク

天満敦子さん。彼女を知ったのはNHKスペシャル「望郷」でした。
たまたま私が以前見た「異国の丘(劇団四季)」を見て以来、
シベリア抑留について非常に興味を持っていたのでこの番組を冒頭だけ見たのですが、
この「望郷のバラード」を弾く天満さんの姿が非常に印象に残っていたのでした。
そんななか、福岡にこられるとの情報を得て駆けつけた私。

ちなみに今回は2列目で、音楽を聴くにはかなり微妙な席だったのですが、
ソロの生音を聞くには十分な席で結果オーライだったかなと思います。今思えば。

どれもはじめて聴く音楽だったので、技術的にはどうとかまったくわかんなかったです。
でも、本当に非常に美しい音色、男性的な音色がストラディバリウスから響いてきました。

特に感銘を受けたのはバッハ、無伴奏パルティータ2番。
天満さんがこの曲をかの丸山眞男の葬儀の場で演奏した時、
「会場全体の1000人近くの参列者は金縛りにあったかのように立ち尽くし、
案内係の女性は階段に身を投げ出して泣き崩れ」させたそうなのです。
実際にそれを納得させるかのような曲調と音。

「甘えを許さない絶対の悲しみ」

を久しぶりに味わった気分で、頭を金槌か何かで思い切り叩かれたような気分になりました。
それを音楽と音でされちゃうもんだから性質が悪い。
心のいろんな隙に忍び込まれてしまって、知らず知らずのうちに引き込まれていました。



ストラディバリウスの響き、ヴァイオリンソロの音楽を聞きながら、
暗い舞台の上に一本のスポットで弓の残像を残しながら演奏する様を見ながら感じたのは、
天満さんとストラディバリは容れ物なんじゃないかなぁって。
それもすばらしい容れ物なんじゃないかなぁって思いました。

彼女が演奏するのを聞きながら、
今までこの世を去っていった人々を思い出しました。
親友だけじゃなく、親戚も、バッハさえも。
そして確実に、「彼らの存在」を感じずにはいられませんでした。

私はなくなった人たちはどこにでもいて、どこにでもいない存在になると考えています。

だからこそまさしく、
天満さんは死者を始めとした世界のあらゆるものを自分達の中に取り込みながら、
お互いを共鳴させながら、また、世界にそれらをブレンドしたものを与える、
そんな容れ物として最高の存在なのではないかと感じたんです。



また、天満さんは現在の愛器のストラディバリ
(使用のヴァイオリンはアントニオ・ストラディヴァリウス晩年の名作。弓は伝説の巨匠ウージェーヌ・イザイ遺愛の名弓)
のことを「旦那様」と呼んで12年間替えずに付き合っているそうです。
演奏者の人はわかると思うけど、楽器にも癖があります。
自分が奏でたい音楽と、楽器とのコミュニケーションが彼女は存分にできている、
演奏しながらも楽器と対話を行っている、楽器と演奏者が対応な位置にいる、
そんな風に見える演奏をしていました。



ソロのコンサートと言うものはそういう意味からも、
生々しいその「容れ物」と聴衆との直接対決なんだなぁと
本当にそういう意味ではすごいなぁと感じずにはいられませんでした。

天満さん自身も、ヴァイオリン自体も、本当に素晴らしいものでした。
次回もしも機会があったら、今度は予習していこうと本当に考えています。



とりあえず、今回はこんな感じ。次は、次は、次は、、、、
ブラストだぁーーーーー!楽しみだぁーーーーーーーー!!!(≧▽≦)
by chihiro_1984_20xx | 2005-09-19 02:23 | 音楽