人気ブログランキング |



by chihiro_1984_20xx

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ライフログ


決定版 ほんとうにわかる管理会計&戦略会計

カテゴリ

全体
映像(映画、TV番組)
芸術(舞台・絵画など)
読書
音楽
旅(散歩含む)
詩・言葉
バトン
真面目なこと(勉強、刑事関連)
真面目なこと(その他)
悟ったこと(気持ち・覚悟)
今日のできごと
就職活動
ごはん
ウエディング
写真と徒然

以前の記事

2010年 01月
2009年 06月
2009年 05月
more...

ブログパーツ

コンテンツ&リンク

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

2003年 06月 20日 ( 1 )

音楽と心理学

今日は五時間目の心理測定法入門を受けて、
九大フィルの演奏会に行ってきました。

フィルの生の演奏とか、そう聞けるもんじゃなし。
始まった瞬間からどきどきしました。うわー、こんなに素敵なものだったなんて!?と。

さすがはアクロス、残響二秒は伊達じゃありません。
弦の音が融けあっていてうっとりしました。

そんな中考えたのはフィルと吹奏とJAZZの違い。
どれも素敵ですね。どれにも出てくる楽器っていうものもあります。
でも、どれも音楽なのに、ジャンルがぜんぜん違う。
理論や、その発生の段階が違うからというのがその理由でしょう。

そしてそれぞれに存在意義があるはず。じゃあ、どんな風にそれぞれ違うんだろう。

そんなことを考えながら聞いていました。

で、どう思ったかというと、



フィルは水。(川)

吹奏は土。

JAZZは火。



だなぁ・・・と。
本当に直感的にそう思っただけなのですが、なんだか当てはまらなくもないでしょ?


水みたいに、流れるように
そしてつかず離れず、時には激流になったり時にはせせらぎになったりする音楽が
クラシック(フィルの)なのではないか。


土みたいに、人間にとって親しみやすく、
また、その姿をいかようにも変えれる(粘土になったり硬くなったり、さらさらになったり)音楽が
吹奏楽なのではないか。


火のように人を惹きつけてやまなくて、
そして人の感情を熱くさせる感情に訴える音楽がJAZZなのではないか。


そんな風に感じられたのです。
いささか詩的すぎですが。向いてないなぁ。ぐはぁ。

なにはともあれ、フィルの演奏会はいろいろなことを得られたので行って良かったと思います。
『山の魔王の宮殿から』も聞けてよかった。そして綺麗だった。満足です。

今はおうちに帰って、ご飯を食べてまったりしています。
今日は今から今日あったことのあれこれなんかをかんがえてみようと思います。
by chihiro_1984_20xx | 2003-06-20 21:19 | 音楽