人気ブログランキング |



by chihiro_1984_20xx

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ライフログ


決定版 ほんとうにわかる管理会計&戦略会計

カテゴリ

全体
映像(映画、TV番組)
芸術(舞台・絵画など)
読書
音楽
旅(散歩含む)
詩・言葉
バトン
真面目なこと(勉強、刑事関連)
真面目なこと(その他)
悟ったこと(気持ち・覚悟)
今日のできごと
就職活動
ごはん
ウエディング
写真と徒然

以前の記事

2010年 01月
2009年 06月
2009年 05月
more...

ブログパーツ

コンテンツ&リンク

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

「想い」をコトバに。

昨日は日帰り。

ワークショップ形式で、
与えられた課題は「二つのビルのコンセプトとターゲットの打ち出し」。
初めて出会った人たちと、二時間半のうちに話し合って形作って、発表。

正直、難しかった!
そして、反省がたくさん見つかった!

話し合いの場では、70分という限られた時間でコンセプトとターゲットを考えて、
ビルの構成まで打ち出さなくてはならなかったのだけれども、
話し合いが散漫になりがちになってしまった。

「これを決めよう」と割り切っていくのが、
私としては、把握しやすくていいのだけれど、
本筋から逸れる発言というものにも良いものはあって、
それらをうまく掬い上げながら、皆で話し合っていくことを考えたら、
なかなかどうして、集団で話し合うことは難しいなぁと思った。

そんな難しさを感じつつも、
最終的に(ごりおしだったけれど)出来上がったビルコンセプトの報告を
私が担当することに。
自分としては、人前で話すこととしては、
今までの中で比較的うまく、論理的に話ができたつもりだった。


ターゲットはこうで、
コンセプトとしてはこう、
それによりこういうビルとしての優位性が生まれます」



だけど、講評の場で言われた。


「ターゲットがあって、街づくりのコンセプト、優位性が生まれるというのは、

『その企業』、ターゲットが入るからこそ、優位性がつくって話になってしまうよね。

それは『街として』の優位性にはならないよ。

自分達が『どういう街』を創りたいのか、その『想い』をまずは描いて、

そこに何を入れていくべきか、どういうことを考えるべきか
、を考えて行かなくちゃ」



がつーん。


でした。


講評の通りにビル構成をしていっても、答えとして、創りだされるビル自体は、
もしかしたら一緒のものになるかもしれないけれど、
それでも、

「価値」を作り出そうとする、「想い」を形にしていきたいと思う、のであれば、

先に「どういう想いなのか」を、

何よりも大切にしなきゃいけなかったんだ



それを私達は、おろそかにしてた。

こういう「想い」の部分って、最初の情熱、動機みたいなものだけれど、
とかく忘れがちなところ。

「○○がしたい!○○を守りたい!○○がいい!」

コレ。

何よりもシンプルなこの気持ち。

何かの問題に取り組み始めると、どうしても「当たり前」のこととして追いやりがちだけど、
この「想い」こそが、一番にオリジナリティを有しているし、価値があるもの。
この「想い」がなくっちゃ、そもそも話が進まないものなのだよね。
言われて気がついて、とても恥ずかしくなった。

それでも、気がついたのが今でよかった。

そしてそれを、自分の行きたい会社で気がつかされてよかった。
傾向と対策が練れるもんね。


今の私に足りないもの。

情熱、したいこと、想いを「コトバ」にすること。

もう一度、シンプルなところに立ち戻る必要がある。


恥ずかしくなったり、落ち込んでみたり、悔しがったり、一通りしたあと、
はっと気がついて、
最後には帰りの山手線で燃えていた。
しなくちゃね!
この男(会社)、絶対オトす!(笑)

(ま、そう思いながら帰りの飛行機と、帰り着いてからは爆睡したんですが)

そんな感じです。

がんばります。
今日は新聞社の説明会。
明日はドキドキの社員訪問です。
東京ミッドタウン、初潜入!


うーん、にしても、就職活動って本当に真面目にしたら、奥が深いものなんだなぁ。
自分自身が新しい切り口で見えてくるよ。
by chihiro_1984_20xx | 2008-02-05 11:43 | 就職活動