人気ブログランキング |



by chihiro_1984_20xx

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ライフログ


決定版 ほんとうにわかる管理会計&戦略会計

カテゴリ

全体
映像(映画、TV番組)
芸術(舞台・絵画など)
読書
音楽
旅(散歩含む)
詩・言葉
バトン
真面目なこと(勉強、刑事関連)
真面目なこと(その他)
悟ったこと(気持ち・覚悟)
今日のできごと
就職活動
ごはん
ウエディング
写真と徒然

以前の記事

2010年 01月
2009年 06月
2009年 05月
more...

ブログパーツ

コンテンツ&リンク

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

夜と霧の隅で

夜と霧の隅で
北 杜夫 / 新潮社
ISBN : 4101131015
スコア選択:





誰かこれの解説をください。

表題作しか読まなかったけれど、
ほかは読まなくってもいいよね?というか、読むだけの元気がない。
現在の私の余裕というか、精神的な強度が足りず、
あんまり考えて読めませんでした。

このお話を通して、北杜夫は何を伝えたかったんでしょうか?
人間の持つ最低の狂気にいたるまでの変遷なんでしょうか?
人間の精神の孤独感なのでしょうか?
日本人「タカシマ」は、最期に人間として何を見たのでしょうか?
全体的に、非常に息苦しい、持っていかれそうになる話でした。

第二次大戦中の、ナチ政権下での精神病院での話です。
これを、人間は「愚かな行為」の一言では断罪することが必ずしもできないと思う。
だって、同じような状況下では、
このような罪に堕ちてしまう危険性は、誰しも持っていることだから。
だからといって、理解することもできないところが非常に苦しい。
by chihiro_1984_20xx | 2006-03-23 23:23 | 読書