by chihiro_1984_20xx

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ライフログ


決定版 ほんとうにわかる管理会計&戦略会計

カテゴリ

全体
映像(映画、TV番組)
芸術(舞台・絵画など)
読書
音楽
旅(散歩含む)
詩・言葉
バトン
真面目なこと(勉強、刑事関連)
真面目なこと(その他)
悟ったこと(気持ち・覚悟)
今日のできごと
就職活動
ごはん
ウエディング
写真と徒然

以前の記事

2010年 01月
2009年 06月
2009年 05月
more...

ブログパーツ

コンテンツ&リンク

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

人生をデコレーションしよう。

COLDPLAYのLIVE2003

Live 2003
Coldplay / Capitol
ISBN : B0000DJZA0
スコア選択:





聞きながら歩くといつもの道がドラマチックにダイナミックになる。
ヘビロテ決定。


******

まぁ、コールドプレイに限ったことじゃないですが、
ヘッドホンで音楽聴きながら歩いたり勉強したりすると、
いつも何かしらの気持ちの揺さぶりを感じます。
しかも、そんな感動って結構細部まで鮮烈に覚えてる。

中学校の冬の日、ミスチルのDISCOVERYを聞きながらバスに揺られて帰ったこと。
冬の外気の寒さ、バスの異常な暖かさ、
鬱屈しているのに、どこにもやることのできない思春期独特の高揚感。
天神を越える辺りでついと目を向けた窓の外に、流れる街の光を見て、
なんとも泣き出したい気持ちになったこと。

椎名林檎の「ここでキスして」を聞きながら歩いた道。
目の前を歩くカップルを目の当たりにして、
自分自身が抱いた恋と感じていたこの気持ちはただの欲望だったのだと体で悟った時。
「毅然とした女であれ。高貴で強い女であれ」そんな理想と、
「あたしはここよ」と欲望と孤独感が手を結んで揺さぶりをかけてきた声との両方に
押しつぶされそうだった高校の晩夏。

ピンクレディーを聞きながら、身を丸めながらも、
ただひたすらに英語と小論文と自分自身に向き合った受験生の秋の日々。
毎回塾の帰りにコンビニに寄ってプリンやアイスを買い、
母の病室に通ったあの日。勇気を与えながらも絶対の義務感を抱いた夜。
明るくも、ひたむきで一生懸命できらきらした存在あろう。
無意識のうちに自己催眠をかけていた。

大学で出会った音楽は、余りにも多すぎて。
まだ、思い出になりきっていない。

ものすごく切なくて、もう二度と聞けないと思った曲もある。
未だに苦すぎる曲もある。
何度も何度も求める曲もある。
ジャンルも多様だ。
でも、まだ思い出になってないから、「思い出」としては思い出せません。

そのうち、このCOLDPLAYも切ない思い出の一つになるのだろうか。
彼らの音と声は心地よくって、切ない。私が最近手にした新しい世界。


こうやって私は、
音楽を主役にはしないけれども、絶対なくてはならない人生のエッセンスの一つに携えて、
これからも思い出と強烈な気持ちを音楽に付着させながら生きていくんだろうなぁと
ふと思った次第。
名作に名音楽があるように、
素敵な人生を私自身がが描かなきゃいけないし、
素敵な音楽を私自身が選び取って、その都度纏っていかなくてはいけない。

そうしてそのうちに、何かの音楽が流れるたびに誰かの記憶の中で、
私が思い出されるようなことになれば、
それこそ素敵なことはないかもしれない。

まぁ、それは夢のお話ですが。

*********

余談。
コールドプレイの静寂の世界とウィーザーのピンカートンは
くわっちが「切ないMD」としてMDに録音してくれてくれたんだよね。ちょいと前に。
でもMDLPなんかで入ってるもんだから!もんだから!!!
聞けなかったのだよなぁーーーーーーーーーーー。
でも、こうやって洋楽ロック聞くようになってから
最近思い出してMDを取り出してみてびっくり!自分が好きっていってたやつじゃん!
こういう邂逅もあるのねーとしみじみと感慨深いものがありました。
くわっち、先見の明がありましたな。さすが。
[PR]
by chihiro_1984_20xx | 2006-01-09 17:46 | 音楽