人気ブログランキング |



by chihiro_1984_20xx

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ライフログ


決定版 ほんとうにわかる管理会計&戦略会計

カテゴリ

全体
映像(映画、TV番組)
芸術(舞台・絵画など)
読書
音楽
旅(散歩含む)
詩・言葉
バトン
真面目なこと(勉強、刑事関連)
真面目なこと(その他)
悟ったこと(気持ち・覚悟)
今日のできごと
就職活動
ごはん
ウエディング
写真と徒然

以前の記事

2010年 01月
2009年 06月
2009年 05月
more...

ブログパーツ

コンテンツ&リンク

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

メゾン・ド・ヒミコ

メゾン・ド・ヒミコ見てきました。
本当はぱんぴちゃんと一緒に行く予定だったのですが。
先に行っちゃいましたYO!二回目大歓迎やけん、また行きましょう。


監督、脚本は「ジョゼと虎と魚たち」の犬童一心監督と渡辺あやさん。
ジョゼの雰囲気とはぜんぜん違うカラーなのに、
男性の暖かい眼差しと、女性の残酷なストーリー展開のブレンドによってできるその雰囲気は
確実に前作と繋がるところがありました。
(でも、こっちのほうが先にできてたんだけどね)



そして、オダギリーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!
ものすごくセクシーです。やばいです。

私は彼を

歩く背徳

と名付けたいと思いました。いや、名付ける。
彼のためだけに何度でも映画館に足を運んでもいいくらい。
是非とも男女問わず、皆様に見に行っていただきたいです☆




で、感想。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。



なぁんにも出てこないんです。


わかんないの。


感想?わかんない。


映画見ながら、何度も、
「助けて、助けて、わかんないよ」って思ってた。


小さいころ、大人ぶって「死者の奢り」なんか読んで。
意味もわからずにただ、読んだだけだった。
高校のころ、何度も何度も自分では頑張って吹いているつもりでも、
周りからは違うっていわれてた。でも、自分では吹いているつもりだった。
今は、感動のしどころが少しはわかる。
音楽のどこがどうなっていたら「そう」なのかが少しはわかる。

この映画は、私にとっては、まだ「わかんない」所にあるんです。

自分の振れることのできる振り子の振れ幅よりも、もう少しだけ遠いところにあるみたいです。
だから、もう少し、いろんなものを見てから帰ってきたら、
もっと近づけるのではないかなぁと思っています。



でもね、今、サイト検索して、初めて開いて、BGMが流れてきて、
初めてぶわーーーーーって涙が出てきた。
今になって、胸がいっぱい。
幼子の泣くように、ひたむきに泣いてしまいそうになる。
わかんないけど、無性に心の中は優しい気持ちでいっぱい。

こんなに、時間差で涙が出たことなんかなくって、初めての感動の仕方です。


入り込めなかったけど、一緒にその奔流に乗ることができなかったけど、
なんだか、映像のすべての皆にあったかい眼差しが注がれていて、
悲しくって、残酷で、愛にあふれていて、純粋で、キラキラしていた映画でした。
もう、本当に、ラストの柴咲コウの流した涙が、この映画の全てを語っていると思います。
一番最後のシーンが、この映画の暖かさを全て表現していると思います。

理解できなかったけど、すっごく大事な映画だと思う。

自分の心の振れ幅に、そんな理解できない不思議な心持が増えた映画でした。



さて、明日最初の回で「春の雪」を意気込んで見てこようかと思っているわけです。
(最初の回でないと時間的に見れないからってだけなんですけどね)
今日、こんな名作を見ちゃって、明日春の雪に行っていいものか。
あぁぁぁぁー、酷くなくてもすっげー叩きそう。うわー、どうしよどうしよ。
by chihiro_1984_20xx | 2005-10-28 23:11 | 映像(映画、TV番組)