人気ブログランキング |



by chihiro_1984_20xx

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ライフログ


決定版 ほんとうにわかる管理会計&戦略会計

カテゴリ

全体
映像(映画、TV番組)
芸術(舞台・絵画など)
読書
音楽
旅(散歩含む)
詩・言葉
バトン
真面目なこと(勉強、刑事関連)
真面目なこと(その他)
悟ったこと(気持ち・覚悟)
今日のできごと
就職活動
ごはん
ウエディング
写真と徒然

以前の記事

2010年 01月
2009年 06月
2009年 05月
more...

ブログパーツ

コンテンツ&リンク

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

イノセンス

先日レンタルショップに行きまして。
ダウナー、マイナーコードの音楽を求めていったのですが、
ついでに気持ちの赴くままにDVDもレンタル。
今まで見ようと思いながらもタイミングを逸して見ていなかったものを借りました。
「イノセンス」「シカゴ」「チェルシーホテル」

で、イノセンス。

攻殻機動隊を見たことがなかったので、
本当はそっちを見てからにしようかと思ってたんですが、
見事に一巻が借りられていて断念。


イノセンス スタンダード版
/ ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
ISBN : B0000APYMZ
スコア選択:





いやぁ、すごい!!!!!!!
絶賛されるだけのことがある。海外受けいいのもわかる。
攻殻機動隊って確か10年以上前のアニメのはず。
だって小中学校の頃から草薙素子の名前は知ってはいた…ごにょごにょ。
それなのに、この世界設定の緻密さには本当に驚かされるばかりでした。

作品の内容に関しては、やっぱり難しかったなぁ。
台詞の一つ一つにきっと色々な意味みたいなものがちりばめられているはずで、
それを解きほぐすのは不可能ですね。

色々な台詞が出てきました。
色々な恣意的ともとれるような引用の台詞も。
この引用によるアフォリズムっぽさっていうのはつまり、
「シーザーであるためにシーザーを理解する必要はない」

(→要は一つ一つの台詞を味わえばいいのであって一つ一つの意味をいちいち考えるな)に収斂されるのでしょうか?
うーん、なんだろうなぁ。

あと、ラストシーンの「お土産」も象徴的でしたね。
最初の方の女子供の人形遊び考の辺りに通じているのかな?と思いました。
全体を通しても「お人形」が関係していたし。

まぁ、解釈に関しては自分でのんびり楽しむとして、もっと他の点を。

1、映像が綺麗だった。
見たとき、カウボーイ・ビバップを彷彿とさせられました。
画像処理方法など、もしかして同じスタジオ、スタッフなんでしょうか?
んでもって攻殻→カウビ→映画版の順番なんでしょうか。
どうしても、場所設定がカウビでいうところの「火星」にしか見えませ・・・ごにょごにょ。

2、音が・・・もう!!!・萌2005
一番感じたのはコレ。です!
細かい音まできっちり拾って映像に乗せているのには本当に感動しました。
特に、ソファの軋む音、雨の音。
まさかここまでしないだろ、と思っちゃうところも音声化するもんだから、
あのレベルまでクオリティを高めることができたのでしょう。
普通は映画館で見るわけですし、
ここまで忠実に再現されたアニメーションをあの大画面で見て、聞けていたんだなぁと思うと、
スタッフの細やかな音にかける気遣いにいちいち感動。

それに音楽。
普通にサウンドトラックほしいくらい。
で、エンディングってアレ、「Follow Me」だったけど、アレ、
アランフェス協奏曲だよねぇ????
どうしてもその旋律にしか聞こえず。というかきっと合っていると思う。
いいなぁー、最後までアンニュイでよかったぁー。

最後に声優陣。
大塚明夫×山寺宏一・・・ってやっぱりビバップやん!!
そんなオタッキーな驚きを心の片隅に抱きつつ、
それに竹中直人。一発でわかりました。
しかもはまってたし。

そんなこんなで、
かなり面白かったです。
草薙素子、かっこいいっす。ガブリエル(犬)もいいー!
なんか両極端だけど、どっちも素敵って思いました。
雰囲気とか世界観も、普通にすんなり入り込むことができました。
これってどうなんだろう。原作はもっと普通のアクションっぽい漫画で、
脚本を押井さんが書く段になってああいう哲学っぽいテイストが加わったんだろうか?
だとしたら、やっぱりすごいです、押井守・・・。

聖書 詩篇139節
「あなたの御計らいはわたしにとっていかに貴いことか。
神よ、いかにそれは数多いことか。
数えようとしても、砂の粒より多く
その果てを極めたと思っても
わたしはなお、あなたの中にいる」


思わず聖書引いちゃった。すごい、こんな言葉もあったんだなぁ。

印象に残った台詞。

「孤独に歩め、悪をなさず、求めるところは少なく。林の中の像のように」

「自分が自分であるためには驚くほど多くのものが必要なの。他人を隔てるための顔、それと意識しない声、目覚めの時に見つめる手、幼かった頃の記憶、未来の予感。それだけじゃないわ。私の電脳がアクセスできる膨大な情報やネットの広がり。それらすべてが私の一部であり、私という意識そのものを生み出し、そして同時に私をある限界に制約し続ける。」

これは昔から色々な概念でいろんな人が言ってるなぁ。名前の呪とか。

人間って、超越した何かを捕まえようとしていると同時に、
その「何か」に永遠に捕らえられているんだろうなぁ。
思考する動物だから仕方がないんだろうけれど。

とりあえず、本編レンタルして、もう一回みたいです。コレ。お薦めです!!
by chihiro_1984_20xx | 2005-06-28 23:44 | 映像(映画、TV番組)