人気ブログランキング |



by chihiro_1984_20xx

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ライフログ


決定版 ほんとうにわかる管理会計&戦略会計

カテゴリ

全体
映像(映画、TV番組)
芸術(舞台・絵画など)
読書
音楽
旅(散歩含む)
詩・言葉
バトン
真面目なこと(勉強、刑事関連)
真面目なこと(その他)
悟ったこと(気持ち・覚悟)
今日のできごと
就職活動
ごはん
ウエディング
写真と徒然

以前の記事

2010年 01月
2009年 06月
2009年 05月
more...

ブログパーツ

コンテンツ&リンク

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

青池保子氏の一日

ふっふっふっふっ。

事の発端は数週間前の朝日新聞日曜書籍欄。
漫画紹介に、ブラックジャック(@手塚治虫)の絵が。

・・・・・ん??

何か違和感が。
めちゃくちゃ違和感があるのに、めちゃくちゃ既視感もある。

紹介されているブラックジャック、なんだかすっごくセコイ。
この絵、男性の顎の描き方って・・・・。

!!!!

青池保子氏の絵!!?

どうやら、ブラックジャックのアンソロジーをプロの漫画家に描かせていたようです。
要はプロによる同人誌。
その中に青池保子さんも参加。

青池保子さんをご存じないのは私達の世代だったら普通だと思います。
なんせ、母の世代の往年の筋金入りの少女漫画家。
私は母の実家に置いてある漫画で育った子供で、
しかも現在私の部屋につれて帰っている程の大好き漫画家。

有名作は「エロイカより愛を込めて」

エロイカより愛をこめて (14)
青池 保子 / 秋田書店
ISBN : 4253071228
スコア選択:




なぜか14巻紹介。
表紙は主人公の一人、NATO情報局ドイツ人エーベルバッハ少佐(堅物)。
現在31巻(以下続刊)
ヨーロッパを舞台に、
NATOとKGB(ロシア)のスパイのドンパチと(冷戦時を考えるとわかりやすい)、
エロイカという英国貴族、美術泥棒(ホモ。てかこの人が主人公)の泥棒譚が
絡み合って、ギャグあり、ヨーロッパ横断あり、喧嘩あり、美術薀蓄あり、
とにかく私好みのなんでもありの壮大ストーリーです。
ちなみに、ベルリンの壁崩壊後はきっちり社会情勢を変えて描いてあります。脱帽!

私、これが大好きで大好きで。
現在の漫画なんて、
大和和紀さん(「あさきゆめみし」)、
里中満智子さん(「天上の虹」)、
青池保子さん(「エロイカより愛を込めて」)
などに比べれば本当にちゃっちいものです、はい。
「ワンピース」で長い、食傷とか言っていたらこれらの漫画は読めない(笑)
そのぐらい、ペンに力があるんです。
ストーリーもものすごく太い。

で、そんな大好きな青池さんの描いた、
それも大好きなブラックジャックが読めるというのだから、
これはもう買わねばということで本屋に行きました。

秋田書店、ヤングチャンピオンの増刊です。
「ブラックジャック MAGAZINE」として出ています。
690円。
「なかよし」みたいなあの分厚い雑誌仕様。

これがまぁ面白かった!
エロイカが好きな人にしか楽しめないんじゃないかと言わんばかりに
かなり「同人誌」してました。
そしてセコイブラックジャックも青池風味がつけられていて味があったし。
ぜひとも、エロイカを読了後にこちらを読まれることをお勧めします。
いやぁ、すんごい。アホすぎる。

そして青池旋風が収まらない私は、
出た時からずっとほしかった、
コレ↓↓


「エロイカより愛をこめて」の創りかた
青池 保子 / マガジンハウス
ISBN : 4838715633
スコア選択:



も買って帰りました。
こっちもエロイカファンには涎を垂らすくらい素敵なもの。
中身は一面エロイカができるまでのあれやこれや。
イラストラボがあったり、漫画ラボがあったり、
取材時のあれこれがあったり。
その間間で青池氏による書き下ろしのどうしようもない、
けどファンは見てみたかったドリームイラストが入っていたり・・・。
こちらも大満足の一冊でした。

こっちもエロイカを読んでから読むと楽しめるはず。

青池保子さんですが、この前NHKBSで特集番組があっていたんですよね。
そして5日にも再放送されていたようなのですが、
私はどっちも見逃しました orz
見たかったー!!!

漫画家さんというのは、今の方がどうなのかはわかりませんが、
好奇心旺盛で、身軽で、パワフルで、ユーモラスで、
そしてなにより職人だなぁと、
尊敬せずにいられなくなる以上の二冊でした。

ちなみにこの本を買うために、

近場のジャスコの本屋→ない!
→何故か目の前に来たバスに飛び乗り天神へ(ノーメイクなのに)
→丸善→一冊しかない!
→ジュンク堂→購入
→ジャスコに置いていた自転車に乗って帰宅

というアホな顛末が裏にあったり、なかったり。
「本に金を惜しむな」の格言に、
「本の入手に手間を惜しむな」
を加えたいと思います。
てへ☆
by chihiro_1984_20xx | 2005-05-08 23:59 | 読書