のらりくらりと結婚準備ブログ&食いしん坊な日常。


by chihiro_1984_20xx

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ライフログ


決定版 ほんとうにわかる管理会計&戦略会計

カテゴリ

全体
映像(映画、TV番組)
芸術(舞台・絵画など)
読書
音楽
旅(散歩含む)
詩・言葉
バトン
真面目なこと(勉強、刑事関連)
真面目なこと(その他)
悟ったこと(気持ち・覚悟)
今日のできごと
就職活動
ごはん
ウエディング
写真と徒然

以前の記事

2010年 07月
2010年 06月
2010年 01月
more...

ブログパーツ

コンテンツ&リンク

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

浪人街

浪人街
/ ポニーキャニオン
ISBN : B00068D9GS
スコア選択:





唐沢寿明さんが非常に非常にかっこよかったです。
伊原剛志さんも非常にかっこよかったです。
中村獅童さんは舞台映えしていて素敵でした。
松たか子さんは美人すぎでした。


これ、かなりお勧めです!
正直、最後のほうを泥酔していて覚えていなかったので、さっき見直しましたが、
号泣、号泣。感動です。

浪人って、何も縛られるものがないけど、だからこそ大切なものが見えるんだろうな。

クライマックスは非常に長い殺陣シーンなのですが、
その場面ではもう、誰がどういう状況で戦っているとか、
何のために戦っているとか、そんなことどうでも良くなって、
舞台の上に、たった一つの崇高な魂が燃え盛って浮かんでいるようにしか見えなくって、
ただただ、感動するしかありませんでした。

ストーリーはテンポがよく、おもしろいし、オチもちゃんとついてる。
泣かせるところは泣かせる。笑わせるところは笑わせる。
だから最後はハッピーになれる。すごいです。これしか言えない。

あと、やっぱりカーテンコールが私は大すきです。
敵も味方もエキストラもすべての人が、その一日の舞台を終えて、
拍手喝采の中で、ただ一人の人として出てくる。憑物が落ちたような顔をしている。
それが、堪らなくすきです。

ふと、今日思ったのは、
私はお葬式をもし挙げてもらえるのなら、
参列者から拍手がもらえるようなお葬式にしてもらいたいなぁってこと。
今までの人生に対して、拍手で送られたいなぁって思いました。
その為にも、自分自身の人生という舞台を駆け抜けなくてはならないなと、思ったわけです。

弱くてもいい。強くてもいい。死にたいと思う日があってもいい。
落ちぶれてもいい。失敗してもいい。そんなことは関係ない。
でも、絶対に死なずに、私は、私の人生をやり遂げないといけない。
そう思ったのでした。


音楽、坂本龍一さん、
衣装、ワダエミさん。

最強です!

ワダエミさんのご衣裳は、オイディプス王の時といい、
洗練、斬新、かつ、舞台をより一層映えさせる天才的なものだと溜息が出てしまいます。
血とか、水とかそういった小道具類が映えるのも
恐らく舞台を知り尽くした上で衣装を考案されるからなのでしょう。
松さんが着てた衣装ももちろん素敵だったのですが、それ以上に、
唐沢さん、伊原さん、獅童さんが着ていた浪人の衣装が、
じわじわと血に染まっていく様子が、非常に舞台映えしていてすばらしかったです。
衣装だけのために見るって言うのもお勧めです。

ワダエミさんのブログもよろしければ(ここの所更新されてないようですが^^;)


あぁ、本当に私は舞台に魅了されてるなぁ。
だって、すきなのに理由がないんだもん。無条件降伏。
[PR]
by chihiro_1984_20xx | 2006-03-15 14:32 | 芸術(舞台・絵画など)